看護部メニュー

看護部教育プログラム

イメージ画像

教育理念
看護部の理念に基づき、安全で質の高い看護を提供できる
自律した看護師を育成する
教育目的
質の高い看護を提供し、自己研鑽できる看護師を育成する
教育目標
1. 臨床実践能力を高め個別性のある看護過程が展開できる
2. 組織・医療チームの一員としての役割と責任を果たすことが出来る
3. 専門職業人として、倫理観に基づいた看護観を深めることが出来る
コース 対象 目標
管理者コース 師長・主任・主任補佐 1. 看護管理者としての役割を認識し、看護部方針にそった管理運営が出来る
2. 看護実践の役割モデルとなり、スタッフの教育指導が出来る
中堅コースII 卒後6年目以上 1. 医療チームのリーダーとして主体的に看護に取り組むことが出来る
2. 看護単位の目標達成に向けて積極的に参画する
中堅コースI 卒後4~5年目 1. 医療チームの一員としてリーダーシップを発揮できる
2. 後輩に看護実践の役割モデルとして教育的関わりが出来る
3. 問題を多角的に捉え解決する力を身につける
基礎コースII 卒後2~3年目 1. 看護チームのメンバーとして自律できる
2. 根拠に基づいた看護実践ができる
3. プリセプターとしての役割を果たすことが出来る
基礎コースI 卒後1年目 1. 看護の役割・機能を理解しメンバーシップが発揮できる
2. 安全・安楽に配慮した基本的看護技術が提供できる
3. 指導・助言を受けながら看護過程が展開できる
新採用者オリエンテーション 1. 邦友会看護部の一員としての自覚を持つことが出来る
2. 社会人・専門看護職員としての心構えができる
看護補助者 クラーク・ヘルパー 1. 看護補助者としての自覚を持ち業務に専念できる
2. 指示された業務を安全に実施できる

※【院外研修への参加】各種学会、日本看護協会や神奈川県看護協会が主催している研修への参加を支援しています。

新人看護職員研修スケジュール

教育体制の説明

H25年度 新人看護職員研修実績
研修内容
4月 オリエンテーション
・病院理念と基本方針 ・就業規則と職務規定
・看護部のシステムについて ・看護師の法的位置付けと責任
オリエンテーション
・教育体制について ・安全対策 ・医療安全
・生理学研究室の役割と活動 ・外来のシステム
・臨床工学技師の役割 ・災害対策について
オリエンテーション
・病棟見学(環境整備・リネン交換) ・栄養科のシステム 
・検査科の業務について  ・透析室のシステムと概要
・薬局の業務について
オリエンテーション
・グループワーク(私の看護観)  
・生理検査の特徴 ・医事課の役割 ・社会福祉士の役割  
・手術室と中央材料室について ・放射線科の役割と特徴
病棟オリエンテーション
清潔ケア(午前)
与薬・吸引・採血(午後)
スタンダードプリコーション
接遇研修(午後)
ポジショニング(午前)
移送(午後)
5月 注射・点滴(滴下計算・作り方・アンプルカット)
一時救命処置(BLS)
心不全の看護
急性心筋梗塞(AMI)の看護
腎不全の看護
看護必要度・救急時の対応
呼吸器の基本(ME) 心電図の読み方(生理検査)
6月 KYT(午前)
薬剤の取り扱いについて(麻薬・劇薬・血液製剤・プラビックス・パナルジン・ワーファリン)
疾患の理解(心不全)
7月 フィジカルアセスメント(院外研修・テルモメディカルプラネックスにて)
心電図の読み方
疾患の理解(急性心筋梗塞(AMI))
8月 ペースメーカーの理解
疾患の理解(腎不全)
9月 6ヶ月目のプリセプティー会
薬剤等の取り扱い(血糖降下剤・インスリン・血液製剤)
10月 多重課題研修(院外研修・テルモメディカルプラネックスにて)
輸血について(輸血中・輸血後の観察)
11月 サーボ・BIPAPの理解
12月 or 1月 9ヶ月目のプリセプティー会
実技演習(DC・挿管の介助・中心静脈栄養挿入の介助
心臓カテーテル検査前オリエンテーション)
3月 12ヶ月目のプリセプティー会
プロセスレコードを用いてのグループワーク
次年度への目標
9月~12月まで   看護過程の展開

小田原循環器病院

小田原新幹線クリニック

湯河原循環器クリニック